言葉のエネルギー ボランティアをしている友人の危機は、もっと良い状況になるための扉だった。

友人の活動。

 

友人は、自費で「地域猫ボランティア」をしています。

 

ある地域のノラ猫に食事を与え、食事の後片付けをし、

フンを清掃し、

全頭に不妊手術を施し、

病気・ケガの猫は保護して治療し、

飼い主がみつかりそうな猫を保護して里親さんを探します。

 

一年365日、嵐の日も、大雪の日も、40度の熱が出ても、

お休みせずに出かけていく、

その友人の熱意に、いつも頭が下がります。

 

 

このような活動に反対する方たちがいて、

時に困ったことになります。

いろんな考えの方がいらっしゃるので仕方のないことですが、

明らかに猫のではない、とても大きなフンまで、

「片付けろ!」と怒鳴りにきたり、

「ここでエサをやるな、道の反対側でやれ!」と見張られ、

食事を求めて来る猫たちが、猛スピードの車に何匹もひかれてしまい、

泣いて泣いて苦しんだり…

怒ってきた人には、それが誤解であっても、

猫たちを守り活動を続けさせてもらうために菓子折りを買って謝りに行ったり…。

 

猫が嫌いな人こそ、応援していただきたい活動なのですが…。

避妊・去勢を徹底するので猫が減っていくし、

去勢によって、糞尿の臭いが減ったり、ケンカが減ったり、

食事を安定して与えられるとイタズラをしなくなっていきます。

 

 

 

 

 

友人の危機。

 

ある日、夜の10時過ぎに電話がかかってきました。

 

何ヶ所かを渡り歩いて、たくさんの猫をお世話しているのですが、

そのうちの一ヶ所、ある駐車場で、

30代ぐらいのイマドキの男性が鬼のようなけんまくでエサやりに怒って、警察に電話したり(警察はかかわらない、と言われた。)

駐車場のオーナーや駐車場を貸し出す不動産に電話して、大騒ぎになったそうです。

 

その男性が電話をしているときに、友人から電話が来ました。

 

なんだか大丈夫な気がしたので、

「たいへんですね。とても気分を害されましたね。でも大丈夫!またあとで電話くださいね。」

と、その場は電話を切りました。

 

その男性は、

駐車場のオーナーと不動産に、友人の電話番号を伝えて、

「後日キチンと対処して、エサやりは断じて禁止してください!」と、

威圧的に大騒ぎだったそうです。

 

 

 

一気に波動を変えた友人の言葉。

 

その男性が居なくなってから、もう一度友人から電話があり、

 

友人は言いました。

「ああ、これでもうこの場所の猫たちはダメになってしまう。

もうどんどんダメになってしまいますね!」

 

そう言ったとたん、

私は真っ黒い波動に包まれ、悪い使者がやってきた、という感覚がありました。

 

即座に、

「いいえ! これは物事がもっと良くなるために起きたことですよ!!」

と言って、

嘆く友人がよくない言葉を何度口にしても

 

「これが起きたのは、もっと良くなるためです!」

と返し続けました。

 

 

 

マイナスの言葉ではなくプラスの言葉を。
ほんとうのエネルギーのある言葉で波動は変わる。

翌日。

 

翌日から友人は、すぐ近くの別の駐車場で猫の食事をあげるようになりました。

 

どうしても駐車場であげる理由があるのです。

その場所の猫たちは、あまり人馴れしていなくて、

車の下で安心して食事を食べるのです。

 

友人が駐車してある2台の車の間に入って、両側の車の下の猫たちに食事をあげます。

その後食べ残しはきれいに掃除してきますし、

あの男性が現れるまでは、車の持ち主たちも快く見守ってくれたそうです。

 

 

あの事件の翌日、

別の駐車場に行きましたが、そこの駐車場は以前の場所より周りから見えにくく、

とても良い場所なのですが、

車が1台しかとめてなくて、猫たちが全部来れず食べに来ない猫たちもいて、

(猫たちも、家族や派閥が違い、2台の車の下に分かれていた。)

 

友人から、

「あんなことがあったせいで、ここには車が1台しかないから、食事がうまくいかない。」と連絡がありました。

 

 

「大丈夫、必ず良いようになります。

あんなことがあったのは、前より良くなるためだったんですから!」

そう言って電話を切り、

お祈りをしました。

ますます、うまくいく気持に包まれました。

 

 

 

 

 

 

やはり、天の導きだった!

 

さらにその翌日のことです。

 

またもや友人から連絡があり、

「真新しい白線が書かれていて、もうそこには車がとまっていました!

これで、2台の車の下で猫たちが食事できます!」

 

ああ、やっぱり天からの導きでした。

より良い方に導かれたのです!

 

 

以前の駐車場のオーナーと不動産屋さんからは電話はありません。

オーナーはエサやりを見ていて黙認していた人でした。

 

あの事件で友人は、本当にイヤな思いをしたと思いますし、

マイナス思考に陥ってしまっても仕方ないくらい恐い思いをしたと思います。

 

 

でも、

そんな時こそ、宇宙的な観点でエネルギーをよく見て感じて、

マイナスのエネルギーなど呼びこまぬように、

(言葉ひとつだけで、一瞬にして闇に包まれてしまう。天の采配も遠ざけてしまう。)

善にして強力なエネルギーの渦を呼び込み、いつもそれに包まれているための思考と、

宇宙の根源者を信じ切る心、

地球とそのエネルギー、自然、それらを愛し、大切にし、

それらと一体になる、

 

それにふさわしい言葉を発していかなければならない。